ティッシュ配り バイト

なぜティッシュを配るのか

駅前など人通りの多い場所を歩いているとティッシュを配っている人とよく遭遇します。最近ではポケットティッシュではなく、小箱のティッシュを配っていることもあります。ではなぜチラシなどよりもコストのかかるティッシュを無料で配っているのでしょうか。

 

女性ならほとんどの人がバッグの中にポケットティッシュを入れていると思います。また男性であっても花粉の時期などになるとポケットティッシュを携帯している方も多いと思います。ポケットティッシュには必ず広告が入っています。

 

ティッシュは需要が高いため、宣伝用のチラシやビラを配るよりもティッシュを配る方がはるかに受け取ってもらえる確率が高くなります。

 

チラシやビラなどは受け取ってもらえる確率が低い上、内容を見ずにすぐに捨てられてしまうことも多いようですが、ティッシュなら受け取ってすぐに捨ててしまう人はそれほど多くはありません。

 

広告は人の目に触れなければ意味がありません。そのため誰もが必要としているティッシュに広告を入れて配っているのです。

 

あるリサーチによると広告の転換率は、新聞折り込み広告が約0.03%、インターネット広告が約4.5%、ポスティング広告が約0.2%、ティッシュ配りが約4%というデータが出ています。

 

この転換率の高さはティッシュ配りがバイトを行う人の手を介して行われていることが理由と言えます。ティッシュ配りバイトは予め広告のターゲットとなる人を知らされていることから無駄なく宣伝広告が行えるというわけです。